今日のメッセージ

3人寄れば文殊の知恵!

PC表示  スマホ表示

【3人寄れば文殊の知恵!】

恋愛や仕事、家庭の問題やお悩みを解決します!
天然石カウンセリング&ブレスレットの泉本勝代です。

私は、よくカウンセリングでも、3つのことを同時にすると上手くいきますよ。

って、お話をしているのですが、コレってある程度裏づけがあるのです。

人によっては1つのことに集中するべき!って言われる方もいらっしゃいますが。。。

1つのことに集中し過ぎると、余分な力が入ってしまって、逆にある時に力がバラバラに分散してしまう場合があるのです。

それに、【3】って数字って、おもしろいですよ、私なりの解釈ですけどね(笑)

私、あなた、そして彼 = I、You、He。

1人称単数、2人称単数、3人称単数。。。4人称単数てのははない!

私達、あなたたち、彼ら = We、You、They。

1人称複数、2人称複数、3人称複数。。。。4人称複数ってのははない!

1、2、3~

この3から次はいきなりすべて同じになっていきます。

なので、複数の中でも3は、1番小さい数。

 

後、素数でも複数の中で一番小さい数。

素数とは、「1とその数自身でしか割り切れない」数字って意味。

ま!簡単に言えば、【3】って数字は、その多大勢って感じの中でも1番小さい単位って感じ、私に言わせれば。

なので、雰囲気的には、最小限の数で代表的な役割を果たす神秘的!な数字って感じですね。

実際、3人のグループって1や2、4~以上の数のグループより、まとまりがいいんです。

東京のある地点から大阪のある地点までに、どんな手段を使ってもいから、早く着くには?ってゲームをしたところ、

1人、2人、3人、4人、5人のグループに分けて争ったら、1番始初めにゴールするのは3人のグループだったって結果が何度もでるんでって。

歌の世界でも3人で活動しているグループって、息が長いグループになるそうです。

後、よく例える、イスの脚。

1本では結構難しい、2本でも安定しずらい、座れんことないけど。。

 

でも、3本なら。。。

 

どう?これならかなり安定していますよね(*^_^*)

ま!4本になるとそら~もっと安定しますが。

一番小さい数で安定するのは、3本なんです。

子供の数でも、1番上手くバランスが取れるのは3人だそうです。

1対2になって喧嘩をしていても、2人組の優しい方が、仲間はずれになってる1人に歩みよるのです。

2人なら、1対1の対決、4人になってしまうと、2対2で対立。

5人になると!大喧嘩!って感じですかね(笑)

なので、なにか組んでコラボする時は、2人より3人のほうがお勧めです。

同じようことから、仕事も3つ同時にするといいですよ。

時間や収入の差があってあってもいいんです。

1つは、生活の為の仕事。

2つ目は、自分のやりたい仕事。

3つ目は、世の中に還元する仕事。

少しでも収入があれば仕事って言ってもいいと思うのですね。

なので、1つの仕事でいっぱいいっぱいと思っているあなたも、1度3つの仕事を同時にやってみること考えてみてはいかがでしょうか?

結構、いろいろ考えないといけないので、逆に力が入りすぎずいい感覚を実感できます。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。