天然石の秘密

突然!夫を亡くしたら?あなたはどうします?

PC表示  スマホ表示

【突然!夫を亡くしたら?あなたはどうします?】

恋愛や仕事、家庭の問題やお悩みを解決します!
天然石カウンセリング&ブレスレットの泉本勝代です。

私の知り合いで、ご主人を若くに亡くされた方が3人ほどいらっしゃいます。

お1人の場合は、私は病院に呼び出され危篤状態のご主人には手術室でお会いしました。

状況は手術は難しく薬で様子を見るしかないって状況でした。

正直奥さまは、パニックになっていて、『どうしよう~、どうしよう~?』っと言うばかり。

『とにかく話かけて、呼びかけるねん!』

『手をさすってあげて、声かけてあげて!』

私はかなり厳しめに叱咤したこと覚えています。

ご主人には三男のことでプライベートにお会いして頂いたので、本当にどうにか回復して欲しいって思いで必死でした。

そして、家から持ってきたコーヒーを入れてご主人の鼻先に持っていきました。

コーヒー好きの方だったので、私はコーヒーを淹れて病院に駆けつけたんです。

じつは、私は長男出産の時に、出血多量で臨死体験をしたのです。

ただ、その時ふっと戻ってこれたキッカケが、、、香り、匂いだったんです。

看護婦さんが透けて見えてきて、部屋の隅が見えるようになってきた時、なんだか身体がふわふわしながら冷静に今の状況を判断している自分がいたんですね。

カチャカチャと器具の音や、先生が慌てて輸血の支持をだして廊下から入ってきた様子も見えるんです(見える角度ではないのですが)

その時に、ふっと生臭いなんとも言えない匂いを感じたんです。

あれは、今思えば自分の胎盤や血の匂いだったんだと思います。

なんだかリアルな匂いだったんです。

それをキッカケに、口がきけるようになって、『私、大丈夫ですか?』って聞いていました。

母が亡くなって時も、声や映像はビデオや写真で聞いたり見たりできるんです。

でも、香り、匂いって、残せないんですね。

遺品のセーターやタオルの匂いが消えないようにビニール袋に入れてましたが、やっぱりだんだん悲しいか失われていったのを覚えています。

香りって、残せない分、五感の中では逆にかなりのインパクトで呼び戻すことが出来る感覚なんです。

匂いをかぐ 鼻

その事を知っていたので、ご主人にどうしても意識を戻って回復して欲しかったのでとっさに取った行動が、コーヒーを嗅がせるだったんです。

残念ながら、ご主人は数週間後に亡くなられたのですが、今でもあの時の様子はハッキリ覚えています。

ただその後その方とは疎遠になってしまいましたが、どうされているのでしょう。

気になるところですが、たぶんあの時の状況から思うには、周りの方々に面倒みて貰いながら生活されていることでしょう。

突然、ご主人を亡くされた場合、その時を迎えた時のあなたの態度がその後のあなたの人生におおいに影響するんです。

夫をなくした場合、毅然として、楽しかった思い出にありがとう!っと言える環境なら、その後のあなたの人生も楽しいものになることになるでしょう。

後悔と悔しさと、何故?って思いがいっぱいのままなら、なかなかその気持ちから抜けだせません。

そう、悲しみや虚しさは、なかなか抜け出すことができないのです。

偉そうに言っていますが、私も母を亡くした時は、数年引きずっていました。

だって、亡くなった時の私はほんまに大変で異常な状態でしたもの。

でも、元夫との夫婦の不仲、別居、離婚に際して、

もしここで母が生きていたら、超!反対されて怒られて、離婚していなかったかもしれない。

そうすると、今の主人と一緒に生きていくことも出来なかったかもしれない。

そう自分勝手に解釈できるようになってから、本当に母の死を受け止められました。

夫と母とでは、全然違うかもれませんが・・・。

その時、突然に際しての自分の態度って、本当大切なんです。

咄嗟の時に、その人の本性が見える!

毎日の積み重ねが、その時に出るのです。

なので、縁起でもないんですが、、、。

もし当然!夫を亡くした場合の時、自分はどうなるのかなぁ~って想像してみるのも必要かもしれませんね。

そして、ここからは、超現実的な話です。

夫を突然亡くすかもしれない時の為に、確認していたほうがいい3つのこと。

1、生命保険の受け取り人名義(生命保険が全額支給されるので、分配する必要がない)

2、財産管理は夫婦2人でする(夫名義の秘密口座があると、その存在自体わからなくなっておろせない)

・妻名義の口座に300万ほど預金しておく(夫名義の口座が凍結されるので、咄嗟のお葬式代やその他の費用の為)

==ファイナンシャルプランナー(NHKのあさイチ『あなたも危ない?!夫ロス』より)==

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。