昨日は本当にいい天気でしたね。その物の意図をくむ。

PC表示  スマホ表示

天然石の秘密 あなたへのメッセージ

昨日は本当にいい天気でしたね。その物の意図をくむ。

恋愛や仕事、家庭の問題やお悩みを解決します!

天然石カウンセリング&ブレスレットの泉本勝代です。

昨日は、私は次男のお嫁さんと一緒にフリーマーケットに出店していました。

本当にいいお天気で、お孫ちゃんも超ご機嫌で初フリマを楽しく過ごせたようです。

でも、ママと婆は正直ちょっと疲れました (笑)

フリーマーケットって、皆さんどう思って参加したり買ったりしています?

『不用品を売って、少しでもお小遣いになればいいなぁ~。』

『誰かがいらない物でも、自分には必要なの物が安く手に入って助かる。』

『少しでも要らない物を減らしたい。』

『掘り出しものがあればいいなぁ~。』

『必要な物を安く!手に入れる!』

『処分するにもお金がかかるので、無料でも貰ってもらいたい。』

いろんな理由でフリマに出店したり、買ったりされてる方がいらしゃると思うのです。

ただ、私が出店している理由はこんな感じです。

以前習得したハウスキーピング協会の整理収納アドバイザー講座より学んだ思いを今もとっても大切にしています。

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

全ての物には、製作者の意図と、ストーリーがある。

★製作者の意図とは?

作り手は、その物を作る時には意図(使い方、使い道という意味にも捉えられる)を持って作られている。

なので、その物には製作者の思い=エネルギーがある。

使い手は、そのエネルギーをちゃんと活用しているか?

製作者の意図通りの使い方をされていると、その物はベストな状態。

 

★その物の使っているとストーリーが生まれ。。。

いずれ、メモリーにかわる。

そして、ただの物が、かけがえのい物へと変化していく。

 

★製作者の意図とは? 

簡単に説明すると、物には魂が宿っているって感じです。

どんな物でも、高額な物でも、100円均一で売られている物でも、全て作り手が存在して、そして、その物にはその物の特有の使い方が存在するのです。

コップは、本来は飲み物を飲む為のもの。

服は着る為。車は乗る為。本は読む為。

ただ、変わった使い方もする場合もありますが。。。

コップに花を生けるとか、服を飾るとか、車を物置にするとか、本を台にするとか。。。

ただ、この場合は、本来の作り手の意図とは反しているので、その物の持っている本来のエネルギーは減ってしまっているのです。

エネルギーが減っているので、段々使い手もその物を大切にしなくなってきます。

本来使うべき方法で使われなくなった物が、結局邪魔な物として扱われるようになるのです。

なので、作り手の意図がそのまま使い手の使い方と一致していると、その物のエネルギーは高いままに存在できるので、いつまでも大切にされるのです。

★その物のストーリーとは?

これは、作り手の意図がストーリーとして始まって物は誕生するのですが、それが大切に使われ続けると、その物には様々な思い出、メモリーが積み重なっていきます。

ただのハサミでも、幼稚園の頃から使っていて、一生懸命作った図工を褒められた思い出のストリーが、自然とその時使ったハサミにもその人にとってはただの物ではなく、素敵なメモリーのある特別な物になってくるのです。

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

この2点を思って、私はフリマに出店したり、以前なら自分でもガレージセールを長年主催していた理由なんです。

今の自分がこの物を持っていても、その物のエネルギーを低くしてしまうだけになってしまう。

本来の作り手の意図を生かす事ができない、、、なので、新たにこの物を必要としている人の元へ渡したい!って感じです。

自分にとって、ストリーをメモリーに変えるほどの思い入れが今はない物も、他の人にとっては又別の意味を持つかもしれない!

こんな思いから、物を次の人に引き継いでいくと、自分のエネルギーもいい意味で循環されていくのです。

【立つ鳥跡を濁さず】ってことわざの意味に、ちょっとだけ似ているかもしれませんね。

立ち去る者は、見苦しくないようきれいに始末をしていくべきという戒め。 また、引き際は美しくあるべきだということ。

自分にとって不必要になったものを、いかに思いやりもって始末するか?手放し方をどうやって自分らしく出来るか?

フリマ出店で、物を売る行為にも私はこの2点を大切の心使いを気をつけて出店しているのです。

ただ、物を減らす!捨てる!

間違った意味で流行った断捨離をする!私がお勧めできないのは、こう言った意味からなんです。

それは、物だけの問題ではなく、人間関係やお金の使い方、自分の思いや自分の人生にも通じる全てのものへの共通する心の持ち方の問題にもなってきますので、本当に気をつけたい部分なんです。